アバイブーベ

ポリフェノールは栄養素じゃないって本当?~知っておきたいポリフェノールのあれこれ~

健康に関する番組や書籍などでよく耳にする成分「ポリフェノール」。アバイブーベのプレミアムハーブティーの「バタフライピー」や「エンブリカ」にも豊富に含まれている成分です。なんとなく「身体にいいもの」とはわかっているけれど、そもそもどのような成分で、どんな効果があるのでしょうか?今回は、ポリフェノールについて詳しく解説しながら期待できる効果や、手軽に取り入れる方法をご紹介します。

ポリフェノールの恩恵をたっぷりと受け取って、身体の内側から健やか美人を目指しましょう!

エンブリカとバタフライピーには特徴的なポリフェノールが含まれる

続きを読む

脱!老け見え!身体の内側から若さを取り戻す秘訣って?

最近、鏡の向こうの自分の姿が「もしかして、老けてきたかも?」と感じる事はありませんか?「いつまでも若さを保ちたい」と思ってはいるものの、現実的に年齢にはあらがえない・・・と諦めてしまう前に、手軽にできるアンチエイジングをスタートしましょう!

アンチエイジングは、高い化粧品やサプリメントだけで対処するものではありません。日頃の生活を見直すこと、そして、老化の原因である活性酸素やフリーラジカルの産生を抑えることで「老け見え」を改善することができるのです!

そこで今回は、日頃から「老けこまない」には、どうしたらよいのかを徹底解説!今すぐスタートできるお手軽ケアもご紹介します。
続きを読む

ロイヤルエレファントをご存知ですか?

まん延防止措置が解除されて間もなく1ヶ月。措置期間中はクローズしていたお店や公共施設も再開し始め、街中も少しづつ人が増えはじめています。そんな中、メディアで話題なのが、上野動物園のパンダの赤ちゃん達。「シャオシャオ」と「レイレイ」に会うには何十倍もの倍率の抽選を潜り抜けた人たちのみだそうで、再開開始時点での倍率は38倍だったとか。赤ちゃんパンダの双子たちに会えるには、運を味方につける必要があるようです。

すっかりパンダが話題の中心となってる上野動物園ですが、実はタイの王族と関わりがあり、コロナ禍にも関わらず開園以来初めて繁殖を成功させた動物がいるのです。

そこで今回は、いつもとは少し趣きを変えて、タイの王族とゆかりの深いある動物についてご紹介します。これを読み終わるころには、上野動物園に行きたくなるかもしれませんよ。

続きを読む

アバイブーベ流!美味しいハーブティーの淹れ方 ~お湯の量は?~

ご縁があってアバイブーベのハーブティーを手に取っていただいた皆様へ。折角イなら美味しく召し上がっていただきたい!そんな思いを込めて、毎日ハーブに向き合っているアバイブーベのスタッフが、美味しいハーブティーの淹れ方をQ&A形式でご紹介します。

題して、「アバイブーベ流美味しいハーブティーの淹れ方」。

今回は、1つのティーパックで作れる量についてお答えします!

Q:ティーパック入りのハーブティーの場合、1つでどれくらいの量のお茶が作れるの?

A:ティーパック入りのハーブティー1つで700mlが適量です

アバイブーベのティーパック入りのハーブティーは、1日分の理想摂取量が摂れるように計算して製品化されています。1つのティーパックにつき、700mlのお湯を使用していただくと、濃すぎず、薄すぎず、ハーブ本来の味を楽しむことができます。一気に飲む必要はありません。朝、700mlのハーブティーを作った後は、一日をかけてゆっくり飲んでいただいてOKですよ。

ハーブティーの色と味を楽しむには適量で入れることが大切

アバイブーベ流!美味しいハーブティーの楽しみ方は、続々更新予定です!次回もお楽しみに!

アバイブーベ流!美味しいハーブティーの淹れ方 ~美味しく入れる温度って?~

ご縁があってアバイブーベのハーブティーを手に取っていただいた皆様へ。折角イなら美味しく召し上がっていただきたい!そんな思いを込めて、毎日ハーブに向き合っているアバイブーベのスタッフが、美味しいハーブティーの楽しみ方をQ&A形式でご紹介します。

題して、「アバイブーベ流美味しいハーブティーの楽しみ方」。

今回は、ハーブティーを淹れる際の温度についてご案内します。

Q:ハーブティーを入れる美味しく入れるための適温ってあるの?

A:100℃の熱湯を使いましょう!

乾燥しきったハーブからしっかりとハーブエキスを抽出するには、紅茶と同様に「100℃の熱湯」が最適です。

ちなみに、ハーブティーは漢方と異なり、煮出す必要はありません。熱湯を注いだ後は、かき混ぜず、揺らさずに静かに待ちましょう。ティーパックを取り出す時は、そっと静かに取り出すようにするのがコツ。揺らしたり絞ったりすると、色が濁ってしまう上に、パックが破れて茶葉があふれてしまう場合がありますので、気を付けてください。

ハーブティーが人肌に冷めたら、そのまま常温で飲んだり、冷蔵庫に入れて冷やして飲んだり。あなたのお好みの飲み方で楽しんでくださいね。

温度に気を付けるだけで、味も色も格段に良くなります

アバイブーベ流!美味しいハーブティーの淹れ方は、続々更新予定です!次回もお楽しみに!

お休み前に飲むならデカフェ?カフェインレス?ノンカフェイン?

最近、見かけることが多くなった「デカフェ」や「カフェインレス」という言葉。妊婦さんやカフェインに敏感な方にとって「コーヒーや紅茶を飲みたくても飲めない!」というジレンマから解放してくれると人気のドリンクです。

人気のコーヒーチェーンや、おしゃれなカフェではもはや定番となりつつある「デカフェ」や「カフェインレス」「ノンカフェイン」といった表記ですが、それぞれ違いをご存知ですか?

「え?どれもカフェインが入っていないってことでしょ?」と思われるかもしれませんが、実は違うのです。

続きを読む

今年はタイ式バレンタインで愛の告白をしませんか?

もうすぐやってくるバレンタイン。コロナ禍で人と人との距離を縮めにくい今だからこそ、バレンタインをきっかけに少しでも距離を近づけたい!と準備に余念がない方も多いのではないでしょうか?

アバイブーベの本部があるタイでも、バレンタインは恋する人にとって一年のうちでもっとも重要な日。クリスマスよりもバレンタインの方が重要視されている程なのですが、日本とはちょっと事情が違うのです。

そこで今回は、タイのバレンタイン事情をご紹介しながら、甘いものが苦手なあの人にもきっと喜んでもらえるタイ式バレンタインをご提案します。

今年のバレンタインは、ちょっと趣を変えてタイ式バレンタインで愛の告白をしてみませんか?

続きを読む

知ってる?ツボクサと睡眠不足の深い関係

最近、ドラックストアにいくとよく目にするのが「CICA(シカ)」という文字。韓国コスメから火がついて、今やシカクリームにシカマスク、シカハンドクリームなど、様々なアイテムが所狭しと並べられていますよね。

CICAとは、ツボクサの学名「センテラ・アジアチカ(Centella Asiatica)」にちなんで命名されたもの。ハーブの世界では「ゴツコラ」という名で親しまれています。

ツボクサ由来のマデカソサイドという成分が、ニキビ跡やシミ・くすみ・しわなど肌の炎症や損傷改善をしてくれると評判の、今大注目のハーブです。

とはいっても、近年発見されたものではなく、古くから「傷づいた虎がツボクサを体にこすりつけて傷を治した」といた言い伝えもあるほど、西洋医学が発達する前から活用されてきました。アーユルヴェーダでは最も重要視されてきたハーブでもあります。

昔からあるハーブであるツボクサが、なぜ今になって大ブームになっているのでしょうか?
続きを読む

なぜアバイブーベは添加物が少ないの?気になる添加物のお話

いよいよ冬本番。寒さも乾燥もピークを迎え、新宿マルイ本店5階にあるアバイブーベ直営店には、髪のパサつきが気になって仕方がないという方が多くお見えになります。

さらに、頭皮の乾燥が原因と思われる「抜け毛」が気になる方も増加中で、汚れをきれいに落としながら保湿ができるボラペットシャンプーとコンディショナーが大人気。さっぱりとした洗い心地なのに、髪も地肌も潤い、抜け毛が減ってきたような気がする!と多くの方にお喜びいただいています。

続きを読む

謹賀新年&冬の乾燥からあなたの喉を守る秘訣をお届けします

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

昨年は様々な制限がある中で格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

本年は、アバイブーベならではのハーバルアイテムを通じて、タイハーブとタイ伝統医学の魅力を今まで以上にお伝えできるようにしてまいりますので、変わらぬお引き立て、一層のご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

新年最初のブログは、乾燥が気になる今だからこそケアしたい「喉」ケアにおすすめのハーブのお話をお届けします。
 

続きを読む