アバイブーベ

~色で楽しむハーブティ~ ①あなたのシンボルカラーは何色?

ハーブティーを試してみたいけれど、どうやって選んだらいい?いつも違う飲み物を探しているけれど、どれを選んだらいいかわからないなど、「これ!」と決めきれない方に。たまには「色」から選んでみませんか?今回から2回に分けて、「色」から選ぶハーブティーについてご紹介します。

今回は、タイの人々が大切にしているシンボルカラーをご紹介しながら、あなたのシンボルカラーに合わせたハーブティーもご提案します。ハーブティーを飲んで、幸せな気持ちになりましょう!

続きを読む

<特別インタビュー 第1回 「自然の中に答えがある」星子尚美先生>

「病気を治すだけではなく病気にならない体を作り、未病の段階で発見し、早めに予防する」をコンセプトに、東京都品川区高輪に自由診療専門のクリニック「星子クリニック」を開設されている星子尚美先生。
がん、生活習慣病などの難病に苦しむ患者の治療と、予防医療を行っていらっしゃいます。
さらに、Amazonで1位になった「腸のことだけ考える」(ワニブックス)をはじめとした、多くの著書を送り出されていたり、雑誌「美ST」の、「【がんにならないためにするべきこと】10カ条 」に登場されたりなど、多方面で活躍中。

星子先生とアバイブーベとの出会いは、2016年。クリニックでアバイブーベ・ジャパンの全商品を取り扱って頂いているだけにとどまらず、タイ・アバイブーベ病院へ2回にわたり視察にも訪れていただいているんです。

そこで今回は、星子尚美先生とアバイブーベの出会いや、タイ伝統医学について、さらには、今後の医療の未来についてなどを語っていただいた特別インタビューを3回に分けてお届けいたします。
キラキラ輝く笑顔が素敵な星子先生と、アバイブーベの出会いから振り返ったインタビュー第1回目をお楽しみください。

 

続きを読む

日本と全然違う?!「タイの母の日事情」。タイ生まれタイ育ちのホワイティによるスタッフブログ第2弾

今年2021年の母の日は、5月9日の日曜日ですね。
日本での母の日は、毎年5月第2日曜日という事は決まっていますが、毎年日付や曜日が変わるため、「母の日っていつだっけ?」となってしまいがちです。
実は、タイにも母の日があるのですが、タイの母の日は毎年8月12日と決まっているんですよ。
今回のお話は日本でのタイミングに合わせて、「タイの母の日」についてご紹介したいと思います。

 

続きを読む

タイ生まれのタイ育ち!ホワイティによるスタッフコラム

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

この度、昨年10月からアバイブーベジャパンの仲間になった、タイ生まれのタイ育ち「ホワイティ」による、タイの風習や情報をお届けするコラムがスタートしました。

記念すべき第一回目は、ホワイティの自己紹介とタイのバレンタイン事情をお届けします。

 

続きを読む

チャオプラヤアバイブーベ国立病院とは

チャオプラヤアバイブーベ国立病院

チャオプラヤアバイブーベ国立病院財団は、今から110年ほど前、タイ王族のチャオプラヤ・アバイブーベが民の健康を願い、自邸を開放し病院をつくったのが始まりです。

現在では、2500年前スコータイ王朝時代に現代に通用する医療として形成されたと伝えられているタイ伝統医療と西洋医療が融合した最先端の統合医療を実践すると共に、国策によるハーブ研究の中心的機関として日々実践的な研究を行っています。

さらに、病院の敷地には東京ドーム6個分ほどの広大な土地に、ワイルドクラフト(野生)農法のハーブ園があります。このハーブ園では、故プミポン国王によって始められた国家農業支援プロジェクトにより、単一で植えるのではなく多種多様なハーブを植えて雑木林のように育てます。そして、すべて手摘みで収穫するなど、徹底的に手間をかけハーブを育てることで、ハーブ本来の力が十分に引き出しています。

ワイルドクラフト農法の農園

 

ゆえにここで育てられたハーブは「プレミアムオーガニックハーブ」と呼ばれ、そのハーブを贅沢に使用して製造されているのが、「アバイブーベ」の商品なのです。

アバイブーベの商品はすべて、タイにおけるハーブ研究の最高峰である「チャオプラヤアバイブーベ国立病院財団」で開発・製造されています。